自己破産の費用は安く済ませることができる?【自己破産費用調査】

自己破産の費用は安く済ませることができる?【自己破産費用調査】

自己破産の費用は安く済ませることができる?【自己破産費用調査】

自己破産は裁判所に申し立てを行う、債務整理の1つです。
裁判所で免責が認められれば、借金の支払い義務が無くなり、実質的に借金はチャラになるのです。

このように借金問題を大きく解決できる債務整理である事から、多額の借金のある方が多く選択しています。
ただ、自己破産を行う為には、それなりの費用がかかる為、その点は注意しましょう。

まず、1番費用が少なく申し立てできるのが、個人で行う方法です。
自己破産には「同時破産事件」と「管財事件」という2種類があり、同時破産事件の場合、平均の相場は約3万円から5万円と言われています。

一方、管財事件は家などの財産がある場合に、当てはまるケースです。
財産などを調べる管財人などに、費用を支払う必要が出てくる為、管財事件のケースだと平均して約20万円から50万円程がかかるようです。

自分で申し立てを行う事もできる自己破産ですが、必要になる書類を作成したり、裁判所でのやり取りもある為、スムーズに行う為に弁護士に依頼する方も、少なくありません。

弁護士に依頼した場合の平均相場は、着手金として約20万円から40万円程が必要です。
そして自己破産の免責が認められた場合、報酬金として同じく約20万円から40万円程が相場と言われています。

弁護士に自己破産の依頼をした場合は、40万円から80万円程の費用がかかる事が一般的のようです。
しかし、この費用はあくまで平均です。

この費用よりリーズナブルな価格で、依頼を引き受ける法律事務所もあるので、まずは費用などを相談してみる事をお勧めします。