※ギャンブルで自己破産するには【自己破産手続きを詳しく説明】

※ギャンブルで自己破産するには【自己破産手続きを詳しく説明】

※ギャンブルで自己破産するには【自己破産手続きを詳しく説明】

自己破産において免責を認めてもらうには「免責不許可事由に該当しないこと」が最低条件として求められることになります。
この免責不許可事由に該当する項目はいくつかありますが、その中でも特に注意をしたいポイントとなるのが「ギャンブルなどの浪費を原因とした債務は免責不許可事由に該当する」ということです。
つまり、原則としてギャンブルによって出来た借金で自己破産をするというような場合には、それが認められる可能性はかなり低くなってきます。
ではギャンブルが原因の借金で自己破産をする方法は何かないのかというと、これは「裁判所の判断による」としか言えません。
実際のところ、ギャンブルが原因で債務が出来てしまった場合でも、それにはいくつかのパターンがあります。
極端な例になりますが、ギャンブルによって債務が出来てしまったという場合であっても、その人がまだ若く、「もう同じ過ちは繰り返しません」と誠意を込めて主張しているのであれば、裁判所はその人の未来を鑑みて「特別に免責許可を出す」という判断を出すことがあります。
しかしその反面、債務者が裁判所で「返したくないから自己破産をしたいです」ということを言ったり、以前にも同様の理由で債務を作って自己破産をしているというような状況になってしまうと、裁判所としても免責を認めるわけにはいきません。
こうしたことは「裁判所の裁量による判断」とされていますが、この裁量の範囲内においてであれば、ギャンブルが原因である自己破産であっても免責を認められるケースがあります。
ただしこれはあくまでもごく一部の例外であり、原則としては認められないことは忘れてはなりません。