自己破産手続きについて※自己破産に条件はあるの??

自己破産手続きについて※自己破産に条件はあるの??

自己破産手続きについて※自己破産に条件はあるの??

自己破産を行うには、いくつかの条件を満たしている必要があります。
一つ目の条件は、「申立人が個人であること」。
個人とはつまり、法人ではないということです。
自己破産の申し立てをして、免責を受けると借金がチャラになりますが、法人にはそもそも免責という概念自体、存在しません。
法人は、破産するとそのまま消滅するので、免責の対象となる物がなくなってしまうからです。
二つ目の条件は、「申立人に返済能力がないことが、裁判所に認められること」。
返済能力があるなら、できる範囲で返済しなければなりません。
どう頑張っても返済できないという状態になって初めて、申し立てができるということです。
三つ目は、「過去7年の間に自己破産を行っていないこと」。
免責が不許可となる自由の一つに、「免責を受けてから7年が経過していないこと」という項目があるため、その期間が経過するまでは再び申し立てることができません。
以前は10年でしたが、法改正により7年に短縮されました。
ただし、7年以内であっても、例外的に認められるケースもあります。
「家族が大病を患ったので、借金せざるをえなかった」などやむをえない場合は、裁判官の裁量で免責を許可することができ、これは「裁量免責」と呼ばれます。
四つ目は、「申立理由や生活態度などが反社会的でないこと」。
ギャンブルなどの浪費でできた借金だったり、はなから返すつもりがない借金だったりする場合も、免責不許可事由に該当します。