2回目の自己破産をするには~自己破産は何度でもできるのか~

2回目の自己破産をするには~自己破産は何度でもできるのか~

2回目の自己破産をするには~自己破産は何度でもできるのか~

自己破産をするというような場合には、事前に定められた条件を満たしたうえで手続きを行わなくてはなりません。
その手続きに際しては弁護士や司法書士と言ったような「士業」と呼ばれるプロに依頼をすることがほとんどとなりますが、いくらプロに依頼をしたとしても、自己破産が必ず成功するという保証はありません。
裁判所の判断において返済能力があるとされてしまった場合や、債務返済の意思が見られなかったというような場合には、自己破産の手続きは棄却されてしまうこととなります。
そしてここで特に注意をしなくてはならないケースとなるのが、「二回目の自己破産を申し立てた場合」です。
現代の法律において、自己破産の回数に関しては上限があるわけではありません。
ただしかし、無制限に行えるというようなものでもないのです。
ではどういった場合において二回目の申し立てが棄却されてしまうのかと言うと、まず最も注意しなくてはならないのが「一回目の申し立てから七年が経過していない」という場合です。
二回目の申し立てについては原則として「七年間」の期間が必要とされており、その期間が経過していないというような場合には、かなり高い確率で申し立てが棄却されてしまうこととなります。
また「債務の原因が浪費によるものだった」という場合にも、棄却されてしまうリスクはかなり高くなります。
ここでいう「浪費」というものはいくつかのパターンがありますが、例えばギャンブル目的の借入だったというような場合には高確率で棄却されます。
自己破産を前提にした生活をすると、それが棄却された際に取り返しがつかないこととなりますから、かならず注意をするようにしましょう。